2015.06.24更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

今日は遺産分割の話題です。


家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てた場合,調停で話し合いがつかなければ審判に移行します。
審判になれば裁判所の判断となります。

 

ところで,よく法律事務所のホームページには,弁護士報酬の記載がありますね。これをいくつか見てみたのですが,遺産分割事件の弁護士報酬で審判に移行した場合には追加の費用をとると記載のある法律事務所がありました。
これはご依頼者様の無知に付け込んだやり方だなあと思います。

 

実は,調停段階でも,裁判官は一応の目安として裁判所案(調停委員会による最終分割案)を提示することがよくあるんです。そして,この調停段階の裁判所案は,ほとんどといっていいほど,審判でも同じ結論になることが多いのです。もちろん,全く同じにならないこともありますが,審判の見通しはこの裁判所案が提示された時点で確実につきます。
ですから,調停から審判へ移行した場合に,やれることって限られているんです。審判になった場合に別途,弁護士報酬をとるのは,遺産分割事件に不慣れな証拠じゃないかと思います。

 

遺産分割調停・審判については,多くの方がご利用しやすいように着手金25万円(税別)と低めに抑えております。
遺産分割にお悩みの方は初回30分無料相談をご利用ください。
03-6380-4935

相続事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.24更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

今日は遺産分割の話題です。


家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てた場合,調停で話し合いがつかなければ審判に移行します。
審判になれば裁判所の判断となります。

 

ところで,よく法律事務所のホームページには,弁護士報酬の記載がありますね。これをいくつか見てみたのですが,遺産分割事件の弁護士報酬で審判に移行した場合には追加の費用をとると記載のある法律事務所がありました。
これはご依頼者様の無知に付け込んだやり方だなあと思います。

 

実は,調停段階でも,裁判官は一応の目安として裁判所案(調停委員会による最終分割案)を提示することがよくあるんです。そして,この調停段階の裁判所案は,ほとんどといっていいほど,審判でも同じ結論になることが多いのです。もちろん,全く同じにならないこともありますが,審判の見通しはこの裁判所案が提示された時点で確実につきます。
ですから,調停から審判へ移行した場合に,やれることって限られているんです。審判になった場合に別途,弁護士報酬をとるのは,遺産分割事件に不慣れな証拠じゃないかと思います。

 

遺産分割調停・審判については,多くの方がご利用しやすいように着手金25万円(税別)と低めに抑えております。
遺産分割にお悩みの方は初回30分無料相談をご利用ください。
03-6380-4935

相続事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.23更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚事件では,感情的に対立した夫婦が当事者となるため,離婚後もいろいろな問題が派生的に生じてきます。

よくあるのが,養育費を約束したのに払わなくなったというものです。
養育費はお子さんを育てていくうえで必要不可欠なものですから,これが滞ることは一大事となりかねません。

 

そこで,例えば,養育費を決める時に,第三者(例えば,相手の両親)に保証人になってもらうという方法があります。
ただ,気を付けなくてはならないのは,家庭裁判所は,養育費に保証人を立てることについては極めて消極的です。というのも,養育費は,親が子供に対して行う親としての義務であり,第三者が肩代わりするような性質のものではないからです。
そういった事情も踏まえたうえで,それでもなお保証人を立てることを求めていき,双方の合意が得られるのであれば,この方法も有用です。
なお,調停等で要望する場合には,保証人となる第三者が利害関係人として調停に加わる必要があるなどややこしい手続きも必要になりますのでご注意ください。

 

また,養育費の一括払いを求めるということもあります。ただ,一括払いの約束をしても,これが守られない場合に,差押ができない可能性があります。というのも,養育費はその性質上,毎月ごとに発生するもので,一括で支払いを求めるという性質になじまず,強制執行の対象となる債権が発生していないという判断をされる余地があるからです。

 

以上のように,完璧な方法というのは見出しがたいのであり,相手方に気持ちよく払ってもらうためにも,離婚後,感情的な対立を残さないように配慮することも必要だと思います。

 

当職は,常に,離婚後もしこりが残さないように配慮しながら,事件処理を進めております。
ぜひ一度,初回30分無料相談をご利用ください。

03-6380-4935

弁護士費用も比較的リーズナブルな金額でお引き受けしていますので,ご参考にしてください↓

離婚事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.22更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
相続財産の中に,不動産がある場合には固定資産税などの公租公課がかかりますし,遺産が賃借権であれば賃料,遺産が賃貸物件であれば,賃料の取立費用や修理・改築費用,賃借人に対する立退料の支払い,他にも,火災保険料の支払い,相続財産管理人や遺言執行者に対する報酬,その他,遺産を管理してくためには諸処の費用がかかることがあります。

 

こういった費用を総称して遺産の管理費用といいますが,これらの費用も相続人全員の合意があれば,遺産分割の対象とすることは可能です。
もっとも,厳密には,遺産の管理費用は,相続開始後に生じた費用なので,遺産とは本来別個です。
そのため,遺産の管理費用について争いがあると,遺産分割の調停では解決がつきません。したがって,遺産分割調停が審判に移行した場合には,遺産の管理費用については裁判所は判断してくれません。
この場合は,遺産分割調停とは別に,地方裁判所等に民事訴訴訟を提起して解決を図らなくてはならないのです。

 

以前,相続の際の葬儀費用や香典で同じ話をしましたが,遺産分割では気を付けないといけない問題がいくつかあるので,ぜひ,弁護士にご相談されながらすすめることをお勧めします。
大多数の事務所と比べても比較的安い弁護士費用でお引き受けしておりますので,初回30分無料相談をご利用ください。土日・夜間も事前にご連絡いただければ対応しております。
03-6380-4935

相続事件の弁護士費用

気を付けたい,相続の際の葬儀費用や香典

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.19更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

今日は雨がすごいですね。

 

さて,離婚事件においては,多くの場合,別居が先行することになります。

そして,別居をする場合,置手紙をするとか,何の前触れもなく突然出ていくといったケースが多いと思います。

この場合,他方配偶者からすれば,勝手に出ていったのだから,相手方は悪意の遺棄だ!,だから,有責配偶者だから離婚はできないとか,慰謝料を払う義務があるという主張をすることが散見されます。

 

確かに,民法上,夫婦には同居義務があるとされており(民法752条),これを楯にとった主張といえます。

しかし,同居しないことに正当性がある場合にまで同居義務を強制されるものではありません。

 

離婚に先行して別居する場合,夫婦間での喧嘩が絶えないとか性格の不一致など,少なくても何らかの事情があって別居に至るケースばかりです。

したがって,同居しないことが悪意の遺棄などという主張は完全に的外れです。

家庭裁判所でも上記の主張はほとんど無視されます。

 

離婚事件については当職は得意分野ですので,ぜひご相談ください。

初回30分無料相談をご利用下さい。また,時間外である場合にはホームページのお問い合わせをご利用いただくと便利です。比較的安い弁護士費用でお引き受けしています↓。

離婚事件の弁護士費用

 

 

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.19更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

今日は雨がすごいですね。

 

さて,離婚事件においては,多くの場合,別居が先行することになります。

そして,別居をする場合,置手紙をするとか,何の前触れもなく突然出ていくといったケースが多いと思います。

この場合,他方配偶者からすれば,勝手に出ていったのだから,相手方は悪意の遺棄だ!,だから,有責配偶者だから離婚はできないとか,慰謝料を払う義務があるという主張をすることが散見されます。

 

確かに,民法上,夫婦には同居義務があるとされており(民法752条),これを楯にとった主張といえます。

しかし,同居しないことに正当性がある場合にまで同居義務を強制されるものではありません。

 

離婚に先行して別居する場合,夫婦間での喧嘩が絶えないとか性格の不一致など,少なくても何らかの事情があって別居に至るケースばかりです。

したがって,同居しないことが悪意の遺棄などという主張は完全に的外れです。

家庭裁判所でも上記の主張はほとんど無視されます。

 

離婚事件については当職は得意分野ですので,ぜひご相談ください。

初回30分無料相談をご利用下さい。また,時間外である場合にはホームページのお問い合わせをご利用いただくと便利です。比較的安い弁護士費用でお引き受けしています↓。

離婚事件の弁護士費用

 

 

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.12更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
以前,男性の離婚問題を書いてみましたが,離婚の法律相談を受けることはどちらかというと女性の方が多いと感じております。
男性の場合,基本的に離婚問題を恥と考えて,弁護士に相談されるという方は少ないのかもしれません。

 

男性の方が相談してくるパターンは,調停がこじれにこじれて裁判までいってしまい,そこでハタと弁護士を探すというときに相談を受けるということが多いように思われます。
ただ,率直に申し上げると,初動から弁護士が就いていた場合と比べると,後手後手になる点は否めません。しかも,妻の方は,たいてい,早い段階から弁護士に相談し,離婚に関する知恵をつけています。
それに,家事実務を知らないで離婚調停を進めたため,訴訟段階で挽回するのは困難になってしまうということもあります。
特に,親権問題の争いがある場合には,早い段階から弁護士に相談しておかないと,訴訟で何とかするのはまず無理です。

 

男性で妻から離婚を求められている,あるいは,妻に離婚してほしいと思っているがなかなか応じてくれないといった場合でも,対応することは可能です。
離婚問題に悩まれている夫も,一度,初回30分無料相談をご利用されることをお勧めします。夜間や土日でもお問い合わせいただければご相談に応じます。
03-6380-4935


離婚問題は私の得意とする分野です。比較的安い弁護士費用でお引き受けしておりますので,ご参考にしてください。

離婚事件の弁護士費用

http://www.mizuno-law.com/profile/

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.12更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
以前,男性の離婚問題を書いてみましたが,離婚の法律相談を受けることはどちらかというと女性の方が多いと感じております。
男性の場合,基本的に離婚問題を恥と考えて,弁護士に相談されるという方は少ないのかもしれません。

 

男性の方が相談してくるパターンは,調停がこじれにこじれて裁判までいってしまい,そこでハタと弁護士を探すというときに相談を受けるということが多いように思われます。
ただ,率直に申し上げると,初動から弁護士が就いていた場合と比べると,後手後手になる点は否めません。しかも,妻の方は,たいてい,早い段階から弁護士に相談し,離婚に関する知恵をつけています。
それに,家事実務を知らないで離婚調停を進めたため,訴訟段階で挽回するのは困難になってしまうということもあります。
特に,親権問題の争いがある場合には,早い段階から弁護士に相談しておかないと,訴訟で何とかするのはまず無理です。

 

男性で妻から離婚を求められている,あるいは,妻に離婚してほしいと思っているがなかなか応じてくれないといった場合でも,対応することは可能です。
離婚問題に悩まれている夫も,一度,初回30分無料相談をご利用されることをお勧めします。夜間や土日でもお問い合わせいただければご相談に応じます。
03-6380-4935


離婚問題は私の得意とする分野です。比較的安い弁護士費用でお引き受けしておりますので,ご参考にしてください。

離婚事件の弁護士費用

http://www.mizuno-law.com/profile/

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.10更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
今日は遺産分割の話題です。

 

遺産分割の前提として遺産の範囲で争いになることはとても多いです。
しかしながら,家庭裁判所は遺産の範囲の問題は,調停ではなく裁判によって確定すべきであると考えています。
したがって,遺産分割調停で遺産の範囲に争いがある場合には,2,3回の期日は話し合いの機会が持たれますが,話し合いが進まない場合には,調停は取り下げて,訴訟で遺産の範囲を確定するよう求められます。

 

ご依頼されている弁護士が遺産の範囲の問題が残っているにもかかわらず,調停を起こしたため,裁判所から取下げを促されたなんていうケースもありますから気を付けたいですね。

 

そして,遺産があるかどうか分からない場合に,家庭裁判所はあるかどうかも分からない相続財産を調べてはくれません。被相続人の生前の生活状況からすれば,こういった相続財産もあったはずというご相談はよく聞くのですが,どこにあるのか何の手がかりもなければ諦めるしかありません。

もっとも,何らかの手がかりをもとに,弁護士が用いることができる照会手続きなどを通じて,相続財産の発見につながることもないではありません。
遺産がどこにあるか分からないとお悩みの方は一度弁護士に相談されるとよいでしょう。

 

遺産分割全般についてお悩みの方,大多数の事務所と比べても比較的安い弁護士費用でお引き受けしておりますので,一度当職にご相談ください。

相続事件の弁護士費用

 

また,下記の記事もご参考にしてください。

使途不明金問題

遺産隠しトラブル

相続についての一般的な説明はこちら↓

http://www.mizuno-law.com/inherit/

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.06.10更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
今日は遺産分割の話題です。

 

遺産分割の前提として遺産の範囲で争いになることはとても多いです。
しかしながら,家庭裁判所は遺産の範囲の問題は,調停ではなく裁判によって確定すべきであると考えています。
したがって,遺産分割調停で遺産の範囲に争いがある場合には,2,3回の期日は話し合いの機会が持たれますが,話し合いが進まない場合には,調停は取り下げて,訴訟で遺産の範囲を確定するよう求められます。

 

ご依頼されている弁護士が遺産の範囲の問題が残っているにもかかわらず,調停を起こしたため,裁判所から取下げを促されたなんていうケースもありますから気を付けたいですね。

 

そして,遺産があるかどうか分からない場合に,家庭裁判所はあるかどうかも分からない相続財産を調べてはくれません。被相続人の生前の生活状況からすれば,こういった相続財産もあったはずというご相談はよく聞くのですが,どこにあるのか何の手がかりもなければ諦めるしかありません。

もっとも,何らかの手がかりをもとに,弁護士が用いることができる照会手続きなどを通じて,相続財産の発見につながることもないではありません。
遺産がどこにあるか分からないとお悩みの方は一度弁護士に相談されるとよいでしょう。

 

遺産分割全般についてお悩みの方,大多数の事務所と比べても比較的安い弁護士費用でお引き受けしておりますので,一度当職にご相談ください。

相続事件の弁護士費用

 

また,下記の記事もご参考にしてください。

使途不明金問題

遺産隠しトラブル

相続についての一般的な説明はこちら↓

http://www.mizuno-law.com/inherit/

投稿者: 弁護士 水野 智之

前へ