2015.08.20更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚の財産分与で学資保険が問題となることがあります。
学資保険は本来お子さんが進学するときの学費や入学金のために使うことが想定されていますから,お子さんの親権者となる側が取得するのが自然であるといえます。

 

ただ,学資保険も生活費の中から工面して積み立ててきたものですから,夫婦共有財産であることには変わりありません。
したがって,学資保険も財産分与の対象となります。

 

お子さんのために使うべきだからということで,財産分与の対象に含めないこともないわけではありませんが,学資保険は比較的高額になることが多いので,公平の観点からすれば,財産分与の対象に含めるべきではないでしょうか。

 

ちなみに,学資保険は通常,夫名義であることが多く,妻が親権者となってこれを取得するというパターンが多いように思います。
妻側の場合には,学資保険が高額になりがちなことを考慮して,財産分与の戦略を立てていかなくてはなりません。

 

財産分与については以下の記事もご参照ください。

扶養的財産分与

財産分与の評価

財産分与と借金

財産分与の2分の1ルール

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.20更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚の財産分与で学資保険が問題となることがあります。
学資保険は本来お子さんが進学するときの学費や入学金のために使うことが想定されていますから,お子さんの親権者となる側が取得するのが自然であるといえます。

 

ただ,学資保険も生活費の中から工面して積み立ててきたものですから,夫婦共有財産であることには変わりありません。
したがって,学資保険も財産分与の対象となります。

 

お子さんのために使うべきだからということで,財産分与の対象に含めないこともないわけではありませんが,学資保険は比較的高額になることが多いので,公平の観点からすれば,財産分与の対象に含めるべきではないでしょうか。

 

ちなみに,学資保険は通常,夫名義であることが多く,妻が親権者となってこれを取得するというパターンが多いように思います。
妻側の場合には,学資保険が高額になりがちなことを考慮して,財産分与の戦略を立てていかなくてはなりません。

 

財産分与については以下の記事もご参照ください。

扶養的財産分与

財産分与の評価

財産分与と借金

財産分与の2分の1ルール

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.18更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
交通事故事件で問題となりやすい評価損について書いてみます。

 

評価損とは通常,事故当時の車両価格と修理後の車両価格に差が生じた場合の損害の填補のことですが,評価損が認められるケースはそれほど多くありません。

 

初度登録から3年以内程度の高級外車であれば認められるケースは多いのですが,初度登録が5年を超える外車(あるいは走行距離が6万キロメートルを超えている場合)や初度登録が3年を超える国産車(あるいは走行距離が4万キロメートルを超えている場合)には評価損は認められにくいと言えます。

 

評価損の算定方法としては,修理費の数%とすることが多いです。割合は初度登録からどの程度経過しているか,走行距離はどの程度かが重要な要素ですね。

 


私は交通事故相談センターでの嘱託経験も長いので,これまでに交通事故のご相談を受けた数は数百件に上ります。他の事務所で断られた方でもお引き受けしていますので,ご遠慮なくご相談ください。
相手方が保険会社に入っていれば着手金は無料でお引き受けいたしております。
03-6380-4935

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.18更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
交通事故事件で問題となりやすい評価損について書いてみます。

 

評価損とは通常,事故当時の車両価格と修理後の車両価格に差が生じた場合の損害の填補のことですが,評価損が認められるケースはそれほど多くありません。

 

初度登録から3年以内程度の高級外車であれば認められるケースは多いのですが,初度登録が5年を超える外車(あるいは走行距離が6万キロメートルを超えている場合)や初度登録が3年を超える国産車(あるいは走行距離が4万キロメートルを超えている場合)には評価損は認められにくいと言えます。

 

評価損の算定方法としては,修理費の数%とすることが多いです。割合は初度登録からどの程度経過しているか,走行距離はどの程度かが重要な要素ですね。

 


私は交通事故相談センターでの嘱託経験も長いので,これまでに交通事故のご相談を受けた数は数百件に上ります。他の事務所で断られた方でもお引き受けしていますので,ご遠慮なくご相談ください。
相手方が保険会社に入っていれば着手金は無料でお引き受けいたしております。
03-6380-4935

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.12更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
相続問題では,遺産分割とは別に,墳墓(墓石や墓地),祭具(神棚,仏壇,位牌等)といった,祭祀財産を誰が管理するのかという問題が生じます。
ご相談を受けていると。祭祀財産の管理はしたくないという人もいれば,自分がすべて管理したいという人もいて,なかなか興味深いです。

 

祭祀財産は,相続財産のように分割されることはなく,祭祀承継者が単独で相続することになります。
そして,祭祀を主宰すべき祭祀承継者は,第1次的には被相続人が指定し,第2次的には地方の慣習によって決まるものとされています。それでも決まらない場合には,祭祀承継者を決めるために家庭裁判所で調停・審判を申し立てることになります。

 

一般的には,慣習で決まることになるので,被相続人の長男ですとか,被相続人の妻が祭祀承継者になることが通常です。なお,祭祀承継者が相続人でなければならないという制約はありませんので,相続人でない者(例えば,被相続人から見て義理の兄弟)でも祭祀承継者になることは可能ではありますが,裁判所の審判で相続人でない者が,祭祀承継者になることはまずないです。

 

興味深い話としては,祭祀承継者について,高齢の者でも認められるかどうかで結論が分かれた事例があります。
一方は,被相続人の妻と長男が争ったものですが,妻が位牌等を管理していることや祭祀を主宰する意思の堅固性や継続性を理由に,92歳という年齢でも,妻を祭祀承継者と認めました。
他方では,被相続人の実母と実子が争ったもので,祭祀の将来的な継続性の観点からは,高齢の実母より実子の方が優っているという判断がされています。

 

祭祀承継の問題については感情的な面もあり,解決が難しくなることもありますから,弁護士にご相談されることをお勧めします。
新宿,四谷近郊にお住まいの方やお仕事で寄られる方は一度当職までご相談ください。初回30分無料相談を実施しております。
03-6380-4935

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.12更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
相続問題では,遺産分割とは別に,墳墓(墓石や墓地),祭具(神棚,仏壇,位牌等)といった,祭祀財産を誰が管理するのかという問題が生じます。
ご相談を受けていると。祭祀財産の管理はしたくないという人もいれば,自分がすべて管理したいという人もいて,なかなか興味深いです。

 

祭祀財産は,相続財産のように分割されることはなく,祭祀承継者が単独で相続することになります。
そして,祭祀を主宰すべき祭祀承継者は,第1次的には被相続人が指定し,第2次的には地方の慣習によって決まるものとされています。それでも決まらない場合には,祭祀承継者を決めるために家庭裁判所で調停・審判を申し立てることになります。

 

一般的には,慣習で決まることになるので,被相続人の長男ですとか,被相続人の妻が祭祀承継者になることが通常です。なお,祭祀承継者が相続人でなければならないという制約はありませんので,相続人でない者(例えば,被相続人から見て義理の兄弟)でも祭祀承継者になることは可能ではありますが,裁判所の審判で相続人でない者が,祭祀承継者になることはまずないです。

 

興味深い話としては,祭祀承継者について,高齢の者でも認められるかどうかで結論が分かれた事例があります。
一方は,被相続人の妻と長男が争ったものですが,妻が位牌等を管理していることや祭祀を主宰する意思の堅固性や継続性を理由に,92歳という年齢でも,妻を祭祀承継者と認めました。
他方では,被相続人の実母と実子が争ったもので,祭祀の将来的な継続性の観点からは,高齢の実母より実子の方が優っているという判断がされています。

 

祭祀承継の問題については感情的な面もあり,解決が難しくなることもありますから,弁護士にご相談されることをお勧めします。
新宿,四谷近郊にお住まいの方やお仕事で寄られる方は一度当職までご相談ください。初回30分無料相談を実施しております。
03-6380-4935

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.10更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚に伴う財産分与の際に,婚姻費用の清算を行うことができるでしょうか。

一般的には,過去の婚姻費用についての清算を財産分与の際に行うことができるとされています。

 

ただし,婚姻費用は,実際には請求した月から発生すると考えるのが家事実務です。そのため,特段の請求もしないまま漫然と月日を過ごした場合には,財産分与の際に婚姻費用の清算がされる余地はあまりないでしょう。

また,婚姻費用分担の調停を起こしている場合には,財産分与とは別に片がつくことになります。
そのため,過去の婚姻費用の清算を,財産分与の際に行ったというケースはあまり多くありません。

 

逆に,過当な婚姻費用の負担をした場合に,婚姻費用を多く支払っていたという事実を財産分与の算定の際に考慮してもらったケースはあります。ただ,気を付けたいのは,夫婦関係が円満な時期に負担した婚姻費用については考慮の余地はないと思った方がいいです。しかも,算定表よりも多く払えば当然に考慮されるというものでもありません。
昔払った生活費が相場以上に多かったからと言って,財産分与の減額を求めることができるかというと,まず難しいと言わざるを得ません。
あくまで,婚姻関係が破たんした後に払いすぎていた分の何割かが,財産分与で考慮される余地があるとお考えになられた方がいいです。

 

したがって,財産分与の際に,婚姻費用の清算を行うこと再を期待するのはあまり得策でなく,きちんと婚姻費用の調停を申し立てていく方がよいです。


新宿,四谷近郊にお住まいの方やお仕事で寄られる方は一度当職までご相談ください。初回30分無料相談を実施しております。
03-6380-4935
弁護士費用も比較的お安く設定しております。

離婚事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.04更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚事件のご相談を受けていると,証拠はないのですが,私のケースでも離婚できますかというお話はよくあります。

 

何も証拠はなく,当事者の言い分だけという場合だと確かに苦しいのですが,実際,よくお話を聞いてみると,証拠となりそうなものがいくつか浮かび上がってくることがあります。
メールやラインのちょっとした言動も証拠になりえますから,弁護士とご相談されるとよいでしょう。

 

では,証拠に乏しい場合に離婚はできないのでしょうか。
現在の家庭裁判所は,破たん主義と言って,どちらかというと,離婚を認める方向に傾きやすいというのが実情です。したがって,きちんとした主張に基づけば,離婚が認められることはありえますので諦めることはありません。

 

それでも厳しい場合には,別居期間を稼ぐというアドバイスをさせていただいております。
離婚事件では,別居期間の長さが重要なので,離婚が確実に認められるためには,別居し続けるというのも一手です。


また,男性よりも女性からの離婚請求の方が認められやすい傾向にありますので,女性の場合には証拠が手薄でも気にする必要はありません。

 

離婚事件については当職は数百件ものご相談をお受けしており,最も自信のある分野です。男性からはもちろんのこと,女性からも多くの依頼を受けております。
ぜひ,初回30分無料相談をご利用ください。
03-6380-4935
離婚事件の弁護士費用もご参考にしてください↓

離婚事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.08.04更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。
離婚事件のご相談を受けていると,証拠はないのですが,私のケースでも離婚できますかというお話はよくあります。

 

何も証拠はなく,当事者の言い分だけという場合だと確かに苦しいのですが,実際,よくお話を聞いてみると,証拠となりそうなものがいくつか浮かび上がってくることがあります。
メールやラインのちょっとした言動も証拠になりえますから,弁護士とご相談されるとよいでしょう。

 

では,証拠に乏しい場合に離婚はできないのでしょうか。
現在の家庭裁判所は,破たん主義と言って,どちらかというと,離婚を認める方向に傾きやすいというのが実情です。したがって,きちんとした主張に基づけば,離婚が認められることはありえますので諦めることはありません。

 

それでも厳しい場合には,別居期間を稼ぐというアドバイスをさせていただいております。
離婚事件では,別居期間の長さが重要なので,離婚が確実に認められるためには,別居し続けるというのも一手です。


また,男性よりも女性からの離婚請求の方が認められやすい傾向にありますので,女性の場合には証拠が手薄でも気にする必要はありません。

 

離婚事件については当職は数百件ものご相談をお受けしており,最も自信のある分野です。男性からはもちろんのこと,女性からも多くの依頼を受けております。
ぜひ,初回30分無料相談をご利用ください。
03-6380-4935
離婚事件の弁護士費用もご参考にしてください↓

離婚事件の弁護士費用

投稿者: 弁護士 水野 智之