2015.04.03更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

離婚事件のご相談を受けていると,慰謝料を請求したいというご希望をされる方は多いです。

 

ただ,慰謝料については,不貞,暴力などの典型事例であっても金額は100万円~300万円が相場といったところです。

これ以外のケースだと,生活費の不払い,性交渉拒否,不利益な事実の不告知,その他扶助協力義務違反といったところが慰謝料が認められるケースになりますが,多くの方が考えているほど慰謝料というのは簡単には認められません。

また,慰謝料を請求される側は,たいていのケースでは争ってきますから,裁判を起こすことを念頭に置かないと慰謝料をとるというのはなかなか困難です。

 

それでは交渉レベルで慰謝料をとれないかというと必ずしもそうではありません。

特に,相手方がいち早く離婚したいという希望を持っているときには,慰謝料の金額をぐんと上げることができたケースもあります。

 

ちなみに,慰謝料で重要視される要素は,有責行為の態様・程度・期間,婚姻期間の長さ,年齢,未成年子がいるか,有責配偶者に資力があるか,無責の配偶者には資力がないか,財産分与はあるかといった点になります。

 

そして,慰謝料の立証責任は請求する側にありますので,慰謝料を請求したい方は証拠をうまく組み立てる必要もあります。これによって慰謝料の金額も変わってきます。

慰謝料がどうしてもほしいという方は弁護士等の専門家に相談されるとよいでしょう。

投稿者: 弁護士 水野 智之

2015.04.01更新

新宿区四谷の弁護士水野智之です。

桜が開花してきれいですね。新宿区内ですと新宿御苑や戸山公園などで,たくさんの桜が見れます。

 

さて,今日は相続に関する話題です。

 

相続に関するトラブルでよくあるのが遺産隠しのトラブルです。

相続人のどなたかが財産を管理しているため,どれだけ遺産があるのかわからず,相手方も一切開示しようとしないため,話し合いができないといったケースがよくあります。

 

まず,不動産の場合には相続人全員の実印を押した遺産分割協議書がなければ,登記を移転させるのは困難ですから,相続人が隠し通すのは難しいです。

これに対して,預貯金の場合,銀行が被相続人の死亡を確認すると口座が凍結されますが,そうでなければ相続人が勝手に引き出すということも不可能ではありません(もちろん,こんなことをしてはだめです。)。

株式などの有価証券については,隠し通したまま相続人への名義書き換等を行うことはできないでしょうが,証券会社が被相続人の死亡を知らなければ,現金化してしまうことはありえなくはありません(これももちろんだめです)。

もっとも,金融機関の名前と支店名が分かれば調査は可能です。また,相続税の申告書の写しを開示するよう求めるという方法もあります。

そして,遺産隠しをするような相手方であれば,家庭裁判所に調停を申し立てて争った方がいいと思われます。

遺産の所在が分からず悩まれている方は専門家にご相談されることをお勧めします。

 

御事情をお伺いしながら遺産を調べる方法をアドバイスいたしますので,ぜひご相談ください。初回30分無料相談を行っております。

03-6380-4935

担当弁護士水野をご指名ください。

投稿者: 弁護士 水野 智之

前へ