借金問題

よくある借金の相談ケース

色々なところからお金を借りてしまい返せない

依頼者様の借金と収入のバランスをみて、一番合った債務整理(借金を解決するための手続き)をアドバイスさせていただきます。また過払い金と呼ばれる払いすぎた利息があるときは、返金をしてもらうことで、借金の額を減らすこともできます。

保証人になってしまったがお金が払えない

保証人になった場合は、基本的に支払い義務があるために、支払いをゼロにすることは難しいといえます。しかし交渉次第では大幅に減額できることもあるので、一度弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士へ依頼するメリット

まず一番のメリットは、弁護士に債務整理を依頼した旨を記した受任通知を送ることで、貸金業者からの取立てをとめることができる点です。また上記でも記したように、過払い金の計算もできます。払いすぎたお金を取り戻すことで、借金の額も減り、見通しが立ちやすくなります。弁護士が入ることにより、貸金業者が話し合いに応じやすくなるという部分もあります。

任意整理について

毎月収入がある中で、きちんと借金を返済していきたいと
思っている人にぴったりなのが任意整理です。

自己破産はしたくないが、多大な金利を払い続けるのが難しい…という場合に任意整理をおこなうと、金利をカットすることができるのです。金利には貸金業者が請求してくる出資法に基づく金利に対し、本来払う利息が決まっている利息制限法というものがあります。弁護士が交渉することで、払ってしまった余計な金利を利息制限法によって計算し直し、それ以降の返済計画を立てることができるのです。
任意整理のメリットは自分の財産を処分する必要もなく、職業資格への影響もありません。

しかし必ず残りの借金を返済しなければいけないというデメリットもあります。クレジットカードやローンの利用も一定期間制限されるために、すぐにリスタートを求める人には向かないでしょう。

自己破産について

返しきれない負債がある場合に、
裁判所に支払い能力がないと認めてもらい、
借金を法律上ゼロにしてもらう制度です。

これにより手続き後の返済義務はなくなり、収入を自分のために使え、再スタートすることができます。
マイナスイメージの強い自己破産ですが、選挙権や年金は失わず、海外旅行などが制限されることもありません
しかしデメリットがあるのも事実です。負債がゼロになるかわりに、家や自動車など20万を超える財産は手放す必要があります。また自己破産手続きは裁判所を通じておこなわれるため、破産者名簿に記載がされ世間に公になります。この名簿を一般の人が目にすることはほとんどありませんが、貸金業者などが見るため、一定期間の借金やローンは制限され、クレジットカードを作ることができなくなります。一定の資格については手続きの期間中は資格を制限されるので、注意が必要です。
大きな資産を持っていない人にとっては、人生をやり直すために、利用すべき制度です。

個人再生について

借金が返せる見込みがないものの、
家や不動産などの資産を処分したくない…という人には、
個人再生をおすすめしています。

住宅ローン以外の借金が5000万円以下の場合、住宅ローンをそのまま返しながら、借金も返済していくものです。
借金の金額によっても差はありますが、おおよそ借金総額の1/5を3年間ないし5年間で返済する必要があります。これをおこなうには継続的な収入がきちんとあることが条件となりますが、それさえクリアできれば、弁護士が裁判所に申し立てをおこない、借金は大幅に減額されます。
この方法を選べば、今住んでいる住宅など、資産を手放すことなく借金を返済していくことができます。また職業資格への制限もありません。
しかし自己破産と同じく、5~10年ほどは借金やローンを組むことはできません。住宅ローンの返済が途中で苦しくなりそう…という場合は、おすすめはできません。

借金問題のケーススタディ

会社の代表者が会社とともに自己破産したという案件でした。ご依頼を受けてすぐに、会社の事業所内のものを債権者に持ちだされないようにするため、張り紙を貼るなどの対策をしたのちに、再生に向けて取り組みました。