相続問題

よくある相続問題の相続ケース

遺産分割協議がうまくいかない

遺産分割協議とは、相続人の間で被相続人が残した遺産の分け方を決めることです。しかし不動産など金銭ではないものの分け方、相続人の中に納得のいかない人がいる、分割の割合に不満がある…など遺産分割協議は相続問題において、一番トラブルが起きやすい部分でもあります。

遺言書があるが内容に納得がいかない

この場合はその遺言書が本当に有効であるか、どのような状況下で書かれたものなのかを精査します。もし被相続人の意思で書かれていなかった場合などは、無効にすることができます。また遺言書が有効であっても、遺留分を主張することができる場合もあります。

弁護士へ依頼するメリット

相続は一度トラブルが起きると、この先どのように進めていけば解決するのか、見通しが立ちづらい問題です。弁護士に相談することで、全体の流れを理解することができ、解決までの道筋を見出すことができます。また、依頼者様にとって精神的に負担の大きい相手との折衝なども代理でおこなってもらうことが可能です。

相続発生前の対策について

被相続人が亡くなる前にしておくべき、
最も有効な対策のひとつが、遺言書を作ることです。
遺言書を作成することに抵抗のある方も多いですが、相続が開始したときに遺言書があると、トラブルがとても少なくなります。相続人間の争いを防止するためにも、被相続人の意思をきちんと反映した遺言書を作成することは非常に大切です。こちらでは法的手続きをはじめ、遺された方が納得のいく遺産分割のアドバイス、遺言書の書き方などをお手伝いいたします。

相続発生後の対策について

相続発生後に相談に来られる方の
トラブルのほとんどは、遺産分割についてです。
遺言書がある場合は、基本的にそれに従い分ける場合がほとんどです。しかし遺言書がない場合、生前贈与などの特別受益を受けていた人がいる、介護などをしていたため貢献した分増額してほしい、不動産はどうやって分けるべきかなど、簡単に解決しないことがあります。
このようなときは、当人同士で話し合っていても解決は難しいといえます。弁護士を入れて上記のことを裏付ける証拠を集め、話し合いを進め、見通しを立てていくことが大切です。

相続問題のケーススタディ

依頼者様は被相続人の前妻の子供たちでした。被相続人が亡くなった際に、被相続人の現在の妻が被相続人に対しての貢献度や依頼者様たちの特別受益などを主張して、調停を起こしてきたというものでした。しかし、相手の主張は認められず、依頼者様である子供たちにも十分な遺産相続がおこなわれました。